メタ世界ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 古典を読む【孫子】A作戦篇_01

<<   作成日時 : 2011/01/18 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【原文】

孫子曰く、およそ兵を用うるの法は、
馳車千駟、革車千乗、帯甲十万、
千里にして糧を饋るときは、
すなわち内外の費、賓客の用、膠漆の材、車甲の奉、
日に千金を費して、しかるのちに十万の師挙がる。
その戦いを用なうや久しければすなわち兵を鈍らせ鋭を挫く。
城を攻むればすなわち力屈き、久しく師を暴さばすなわち国用足らず。
それ兵を鈍らせ鋭を挫き、力を屈くし貨を殫くすときは、
すなわち諸侯その弊に乗じて起こる。
智者ありといえども、そのあとを善くすることあたわず。

【現代語訳】

孫子が言うには、およそ戦争においては、莫大な国家予算がかかる。
兵器や装備、さらには兵士の給料や食費など天文学的な金が必要となる。
戦争が長期化すればするほど、国庫は空となり、他の予算が逼迫し、
国民が飢え、兵士の志気も下がる。
しかも、その機に乗じて、国内で反乱が起きる。
こうなっては、いかに有能なスタッフがいても、もはやどうにもならない。

【解説】

戦時経済について述べられている項目である。
およそ、軍事と経済は国家の二つの車輪であり、金儲けと暴力がなければ国家は成り立たない。
国家において、思想だ信仰だの言っている評論家は全て三流と言ってもいいくらいだ。
(もしくは、わかっていて商売で書いているのかもしれないが。)
全ての国家活動はこの二つを軸に動いている。
逆に言えばこの二つを理解しないような国は亡国と言ってもよいだろう。
我等が故国日本を鑑みるに当たって、忸怩たる思いに過ぎるのは私だけではあるまい。

とにかく、戦争は金儲けのために行い、同時に戦争のために金儲けをするというのが、
古今東西の普遍の真理である。
孫子も言っているように、戦争というのは金喰い虫である。
兵士というのは、およそ生産性の無い人種であり、土木工事か殺戮か略奪しか能の無い連中というのが、
人類の歴史だった。
現代は、軍需産業が一大業種になったため、多くの人間の雇用を養えるようになったが、当時は戦争にかける
予算は赤字もいいところである。
侵略して勝利すれば敵国からの賠償金や領土割譲などで、まだペイするのだが、負けた場合などは目もあてられない。
しかも大抵、こういう時は、国家にとってツイてない時であり、戦争とセットで、飢饉や反乱などが頻発する。
野心のある人間や身分制度を覆そうとする人間にとっては絶好のチャンスでもあるのだが、真面目な国家指導者
にとっては胃が痛む以外の何物でもない。

この戦争と経済と言うのは、昔から多くの人間がテーマにしているため、この話題だけでも、山の様な分量になる
のだが、ここでは深く立ち入らずに、いくつかの歴史の例を挙げたい。

現在、2011年1月18日だが、朝鮮半島での緊迫した情勢が続いている。
朝鮮半島は古来よりも我が国と地政学上、縁が深く、日本との関連が深いため、当然、この戦争と経済という
テーマもいくつかの例がある。
誰しも思いつくのは、前回の朝鮮戦争での特需景気であるが、むしろ、それより以前の太閤秀吉の朝鮮征伐も、
このテーマのいいサンプルである。

当時、戦国を終えた日本にとって、頭を悩ませていたのが、侍、つまり先ほどの兵士という金喰い虫の雇用問題である。
何しろ、先祖代々、戦争しか脳のない人種である。
日本統一した後の、平和な時代にはとても暮らして生けない人種であることは言うまでも無い。
そこで豊臣政権が思いついた素敵な解決策。
大陸にこの厄介な連中を在庫処分することである。
失敗しても、いらない連中が処分出来、成功したら、そこに住まわせて自給自足させればいいだけのことである。
しかも日本の栄光が広がるばかりという、一石三鳥の戦略である。

このサンプルは、兵士の雇用経済問題を戦争で解決するという具体例であり、後の徳川政権における、各地の大名の兵力を弱めるための数々の策につながっている。
戦国の世から太平の世に移行するためには、ハードランディングからソフトランディングまでの数々の策が必要である。
大日本帝国が軍事体制からの撤退が容易ではなかったように、現代のアメリカも軍事経済からの脱却が難しいのを見れば、
おおよそ国家にとって、経済と軍事というのはまさしく、二輪の車輪であることが理解頂けると思う。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古典を読む【孫子】A作戦篇_01 メタ世界ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる