メタ世界ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS どうすることもできない問題

<<   作成日時 : 2016/03/09 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


世の中にはどうすることも出来ない問題という物が確実に存在する。
例えば、日本の地質学的な構造というものがそれだ。

政治が悪いとか経済が悪いという人間に起因するものだったらどうとでもなる。
ところが、日本列島のプレートがどうたらこうたらという問題はもうどうしようもない。

あえて言えば宿命、運命というものである。

人間が100年間くらいしか寿命がないというのもそれで、もちろん科学が進めばどうにかなる問題かもしれないが、少なくともその未来までの人類の万単位の年月の天文学的な人間たちにはどうすることも出来なかった問題であった。

あと数年以内、早ければ今日にも、次の大震災は起きるだろう。
その場所が、「たまたま」原発が無い場所であった。
人が万単位で死んだけど、まあ復興すればいいよね?逆に復興特需が起きて契機的には良かったよね?という「幸福な」オチだったら別に良い。

ところが、日本中に張り巡らされている原発に直撃したらどうするか?

答えはどうにもならない。である。

福島のようにたまたま、綱渡り状態で持ちこたえられた。
それはそれで「日本」という国家の運であろう。
もちろん、全国の日本国民の善男善女の陰徳のおかげかもしれない。
しかし、その次は?
次が持ちこたえられても、その次は?さらにその次は?
これは地球が消滅するまで続くのである。

結論から言えば、要するに、日本という国はすでに「詰んでいる」。
この地震列島に、原発を張り巡らされた地点で詰んでいるのである。

無論、それは日本国の地政学上、仕方の無かったことかもしれない。
核装備が必要だったのだろうし、石油に代わるエネルギーが欲しかったのかも知れない。
科学の進歩によって原発のリスクを低下させる技術に期待を持っていたのかもしれない。

しかし、その賭けは失敗した。
日本はギャンブルに負けたのである。
支払いのチップは、一億の国民の生命財産と日本国の主権である。

次に「その時」が来たら、その時、我々の考える「日本国」は存在しないであろう。
元々、主権の無い敗戦国であるが、建前としての主権すら剥奪される。
それが国連の単一統治の政権か、連合国による分割統治かは状況次第である。

想定されるシナリオは、一部の脱出可能な層以外の一億の日本人は悲惨な生活を送るということと、この日本列島が、世界の核廃棄物のゴミ捨て場になるということである。

願わくば、多くの日本人に幸いあらんことを。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうすることもできない問題 メタ世界ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる