メタ世界ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 神は何故人間の形をしているか?

<<   作成日時 : 2016/02/10 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


多神教の日本ですら、神は人の形をしている。
キツネや龍などがいるではないか?
と言われるが、当たり前のことだが、それらは眷属であって、神そのものの姿は人の形をしている。

よく霊能者は神は人の形をしていないと言うが、それでは、絵にならないので、人の形をとることになる。

およそ、この地球上で、知能が高ければ高いほど複雑な脳を持ち、多足から、四足になり、二本足の人間となる。
逆を言えば、人間の思考の枠組みには人間以上の生物は見たことがなく、そして見えない神という「人間よりも高等な生物」は、自分たちが知る限り最高の知性体である人間の姿をとるしか無いということなのであろう。

人間は見えない存在、ひいては理解不能な存在を可視化せずにはいられない。
でないと、自分たちが操作(コントロール)出来ないからだ。
日本人は自然を操作対象の存在ではないと考えるが、周知の通り一神教では所詮は被造物なため操作の対象である。
これは、必然的に、逆の論理がこう成り立つ。

可視化対象な物は、操作可能であると。
神という不可視な物が可視化すれば、操作可能になり、その瞬間、神の神聖さは地に堕ちることになろう。

可視化出来るということは、同時にその対象の情報を把握出来るということである。
一例を上げれば、形が若い男であれば、美女をあてがえば良い。というように。
可視化出来ずに対象の存在の情報が見えなければ見えないほど、操作の方法が無くなり、こちらかのアクセスが不可能になる。

このような宗教では、当然、神へのアクセスや、神に近づく神秘主義は、異端であり、弾圧の対象でもある。
よって、顕教しか表に出ない。
密教や神秘主義が表に出ているのは多神教国家の特徴である。

とは言え、このような操作不可能な不可視の対象である一神教ですら、
神と人間との中間に、教会や国家という「中抜き機関」を挟まずにはいられなかった。
これが克服出来たのは、イエスのような天才か、近代になってから以後である。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神は何故人間の形をしているか? メタ世界ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる