メタ世界ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 古典を読む_【孫子】_A作戦篇_04

<<   作成日時 : 2014/11/22 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

故に敵を殺す者は、怒ればなり。
敵を殺させるような士気を上げるには、兵を激怒させるのが良い。
敵の利を取る者は、貨すればなり。
敵の資源を奪わさせるには、兵に恩賞を与えるのが良い。
車戦に車十乗以上を得れば、先づ得る者を賞して、其の旌旗を更かふ。
敵の兵車を十騎も奪った者には、恩賞を与え名誉も与える。
車は雑へて之に乗り、卒は善して之を養ふ。
奪った兵車や資源は自軍で使い、敵軍の捕虜に士官がいたら自軍で用いる。
是れを敵に勝ちて其の強を益ますと謂ふ。
これが敵軍に勝ちながら、こちらがますます強くなる道理である。


【本質】

およそ戦争というのは公共事業であって、結局のところ、経済制作行為である。
ところが、戦争というのは評判が悪く、やればやるほど国が財政難で傾くという点がある。
そのため、戦費の調達に関しては、当然、敵国の領土内での略奪や権益の確保の他に、戦場での略奪が薦めれた。
俗にいう、分捕り物である。
一番わかりやすいのが桃太郎である。鬼ヶ島の財宝を泥棒した

敵国で糧秣を略奪できれば自国で長距離輸送する必要は無いし、敵軍を吸収出来れば自国から徴兵せずに済む。
士官さえも現地調達出来るのである。
一見道理だが、敵軍もそこらへんは考えているので、焦土作戦や、スパイなどの手で対抗してくる。
資源やインフラの略奪ならともかく、敵軍を吸収というのは近代ではあまり見かけない。
もちろん、戦争が集結して占領後ならば、可能であり前例があるが(旧日本軍の御社と対共産組織の例やナチス科学者など)、戦時中にあからさまに敵軍へ寝返るのはあまり例がない。
近代以前の国境があやふやな時代の産物なのであろう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古典を読む_【孫子】_A作戦篇_04 メタ世界ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる